雑記的Webメモ帳

毎日の暮らしの中での自分の考えや思い、気になったことや体験談などをほのぼの綴っているブログです。

わたしの本棚

自分の思う本に出会えるまで諦めません

ビジネスに関する本を数冊読んでいるのだけれど、未だに納得がいく内容の本に出会えていません。 自分の思いと近い書籍は1冊あったけど、私が知りたいことは、大まかにしか書かれていませんでした。 私の望んていることが、もしかすると高望みなのかもしれ…

タイトルで判断するのは仕方がないところ

タイトルに魅かれて買ったのだけれど、たまには期待外れの本もあるのだ。 どうしてもタイトルで判断してしまうところはあるけれど、大事なのは中身なのである。 なんでもかんでも、自分の思い通りの本を手に入れられるとは限らないのである。 それでも・・・…

本が友だちなのだ

本に囲まれていると、リアルな友だちの必要性をあまり感じなくなってしまいます。 人付き合いが苦手な私にとっては、やはり著者が友だちなのです。 それで十分満足なところもあるのです。 今は・・・・ 続きはこちら

人と会話するようにと言われても・・・・

読書やアウトプットに関する本を読んでいると、他者と会話することが必要だと言われるのだけれど、私には不可能に近い状態です。 本に書かれている理由には納得しているけれど、他者に話さなくても記憶に定着する方法はあるのではと、ちょっと疑問に感じてし…

私には、精読が一番知識が得られる方法なのです

精読、この言い方が良いのかどうかは分からないけど、私にはやはり同じ本を何度となく読むことが必要なのです。 本に書いてある内容をしっかり自分のものにする為には、必須なのです。 読書に関する本何冊かにも同じ本を数回読むことを、進めていることが多…

読書の時間が・・・・

作りものを始めてしまうと、そっちの方に傾いてしまう私。 その為に、今は読書に十分な時間を割くことができないでいます。 私にとっては、やはり読書の時間は大事なものなのです。 作り・・・・ 続きはこちら

中古本でも今の状況に合うものを見つけることができるのです

今回購入した中古本は、私にとってまさに「出会い頭」の知識でした。 出会い頭的に買うことができて、本当に良かったと嬉しく思います。 あまり詳細を確認せずに買ってしまったのだけれど、よくよく読んでみると今の自分に必要なことだったのです。 これから…

少し読書にのめり込み過ぎてしまっているのかもしれない

読書によって新しいことを学べることは、私にとってすごく仕合せに感じてしまいます。 ただ・・・・問題なのは、その新しい知識に自分がついていけないところがあるのです。 無関係ではないにしろ、あまり年齢だとか女性だとかを言い訳にはしたくないのです…

読書していて気が付いたこと

この頃特に感じるのは、自分では知識があると思っているテーマでもそのテーマの本を数冊読むと、そこに新しい発見があるのです。 私は、一つのテーマを決めるとそのテーマに関連する本を、5冊以上は読むように心掛けています。 それは、同じテーマでも著者…

母娘関係の本を読んでみて感じたこと

母娘関係の本を何冊か読んでみて感じたのは、自分を変えることが必要な対応策であることは間違いないと確信することができました。 どうしても母親を何とかして変えたくなってしまいがちですが、それでは自分を苦しくしてしまうことになりかねません。 母親…

精読ができない状況にちょっと戸惑っています

この頃本を購入するペースが速くなってしまっているのです。 どうしても買えるタイミングとかあるので、仕方がないところはあるかもしれないけど、それでもちょっと買い過ぎです。 精読の私としては、1冊の本を2,3回続けて読了した後に別の本を読みたい…

歴史上の人物

私がどのような本を読んでいるか紹介したいと思っているのだけれど、今まで書評をしたことが無いのでどう書いていったらよいのか今一つ分かりません。 それでも本の題名や著者は紹介できると思います。 もしよかったら読んでみていただけたら嬉しいです。 今…

本に囲まれることで、孤独も忘れてしまう

この頃つくづく思うのです。 孤独って何なのだろう・・・・と。 今の私には孤独ということが感じられないのです。 という・・・・ 続きはこちら

不思議な感覚

本を読んでいて「その通り!」とつい言いたくなってしまうことが多々ありました。 こんなにも同じような思いをしている人が、自分のほかに居るのだろうかと不思議に感じてしまいました。 その中でも読書について書かれていたりすると、もう何とも言えない嬉…

ある本との出会いが・・・・

ある本の前書きの部分に書かれていることが、自分の気持ちを代弁してくれているように感じました。 読書好きならこういうことって、多いのかもしれません。 共感することは多いけれど、自分の言いたいことそのものが書かれていたのは初めてでした。 言葉と・…

今はほとんど読まなくなってしまいました

マンガ本、いつから読まなくなってしまったのだろうか。 若い頃というのもちょっと照れ臭い感じですけど、それなりに読んでいました。 テニスに夢中だった学生時代は、「テニスボーイ」を全巻(1~14巻)持っていました。 その後・・・・ 続きはこちら

本を読んでいて最近思うこと

ブログに関する本を何冊か読んでいると、ひとつ気になることがあります。 それは、必ずと言っていいほど誰かに頼るというか、意見を求めたり他の人とのつながりを言われるのです。 確かに、自己中心的になってしまったりすることから回避するには、他の人に…

著者と近いところを歩んでいる私

本を読んでいて、その本の著者が引用したり紹介したりしている本を、自分も既に読んでいたりすると、間違った方向には行っていないのだと嬉しい気持ちになります。 この本の内容を、しっかりと自分の知識としてアウトプットしてきたいと思うのです。 自分が…

少し整理が必要なのかも

あまりにも色々なテーマの本を読み過ぎて、閃きがほとんどなくなってしまった。 一つのテーマについて沢山の本を読むことは悪いことではないけれど、自分の中で消化しきれていないことが問題なのです。 本を読む間隔も回数も、あまりにも不規則になってしま…

「勉強」に関する本を読んでいます

まだ、全てを読み終えているわけではないけれど、自分の「勉強」に対するやり方に間違いはないことがはっきりした感じがします。 この先も、今のやり方を続けていけばそれなりの成果を出せるのではと、つい期待してしまいます。 ともかく、勉強してもアプト…

三日もかかってしまった

今日1冊の本を完読することができましたけど、3日もかけてしまいました。 少しページ数がある本でしたので、読むのに時間がかかるのは仕方がないことですけど、それでも三日はかけ過ぎです。 一日1冊を目標にしているので、それが達成できなかったことが…

一日1冊読破するようにします

1冊を何日もかけて読むというのは、ただ単に時間潰しに利用していると感じています。 本当に、自分に必要な内容なら、一日で1冊を読み終えるくらいでなくては何もならないのです。 1冊の本について、何も感想が書けないのも、その辺が原因の可能性が大き…

なかなか自分の思う本に出会えないもどかしさ

自分の思う本に出会うためには、根気が必要なのかもしれません。 どんなテーマの本であっても、生半可な冊数では出会えないものだと、この頃そう感じています。 ひとつのことを極めるには、やはりそれなりに時間がかかるものなのだ。 途中で・・・・ 続きは…

本の内容に共感してしまう

この頃、自分と同じような考えを持っている人の本を、読むことが多くなっています。 何かの気付きなのでしょうか。 それともただの偶然なのでしょうか。 あまりにもそういうことが多くなると、ちょっと心配にもなってしまうけれど、もしかしたら、普通よりも…

1冊の本に時間をかけ過ぎてしまった

いつもなら2日間で読み終えることが多いけれど、何故か1週間くらいかかってしまった。 それだけ内容が濃いというか、読み応えがあったというべきか、どういう表現が合うのか分からない。 ただ読み終えてみて言えるのは、自分が日頃やっていることが無駄な…

愛読書

今読んでいる本は、私が会社勤めをしていた頃先輩から勧められた本です。 その頃からすると十数年経っていますけど、今でも通用すると思います。 この本のテーマは、人間味あるリーダーとは?と言うような内容です。 リーダー・・・・ 続きはこちら